保育園では洗濯物が大量に!乾燥機能付き洗濯機のおすすめ

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

保育園に通い始めたのですが、洗濯物の量が一気に増えるようになりました。

そういった時、何を用意しておけば洗濯物が快適になるのか。家電量販なども回って少し調べてきました。

スポンサーリンク

保育園では大量の洗濯物がでることを理解しよう

我が家の通っている保育園は、1週間でこれだけの量の洗濯物が出ます。

園によっては、お昼寝用の布団もご家庭で洗濯してもらうところがあったり(我が家の保育園は業者)、トイトレが始まると保育園だけではなく自宅でもパンツやおねしょシーツなどの洗濯物が増えることでしょう。

 

共働きなら、洗濯できるタイミングも限られてくる

上記であげたものは子供の保育園からでてくる洗濯物だけですが、加えて親の衣類、バスタオル、その他細々とした洗い物が日々出てきます。

平日の日中に洗濯物ができればいいのですが、両親ともに共働きなら洗濯ができるタイミングも土日などに限られてしまうでしょう。

そうなってくると、どうやって衣類を乾燥させるか、という所が悩みどころになります。

 

保育園の洗濯物と戦える乾燥機能付き洗濯機を買おう

洗濯物を短時間で乾燥させるに当たり、いくつか「家庭の知恵」のようなアイディアもありますが、今回はそれらのアイディアは駆使せず、乾燥器具の使用をおすすめいたします。

共働きなら、保育園ででる洗濯物も機械を頼ろう

共働きで毎日洗濯ができない、もしくは洗濯物が大量に出て干すのが追いつかない。

そういったときは乾燥機などの機械類を頼りましょう。

新聞紙を干す、タオルで軽くドライをかける、といった生活の知恵はありますが、洗濯は日常の家事です。毎回大量に出てくる洗濯物相手に、その手間を掛けるのは現実的ではありません。

手間をお金で買う、と割り切って乾燥系機器類の購入を検討されることをおすすめします。

 

洗濯機を購入する前に気をつけたいこと:縦型ドラム型の違い

洗浄力なら縦型、乾燥力ならドラム型、と言われています。

ドラム型は縦型に比べて10万近く高価だったりとお財布事情がものを言う部分もありますが、乾燥機能を多用するのであれば、電気代のコスパを考えるとドラム型はおすすめです。

逆に、頑固な汚れを落とすのに向いているのは縦型だと言われています。最近では温水洗浄なども出来るのでドラム型でも洗浄力は上がっていますが、回転力などを考えるとまだ縦型のほうが優位なようです。

泥汚れなどは縦型が向いているので、たとえば野球やサッカーなどの習い事をしているお子さんがいる場合は縦型のほうが向いているかと思います。

今回はまだそこまで汚れが酷くない、乳児を含む大人の「洗濯物をいかに早くさばいてしまうか」といったところに観点を置いているので、ドラム型を進めていくことにします。

 

洗濯機を購入する前に気をつけたいこと:容量の違いに注意

一般的に1日あたり1人1.5kgの洗濯物が出ると言われており、「1.5kg×家族人数」で必要な洗濯容量を求めることができます。4人家族なら6kgの洗濯物ですね。週末にまとめ洗いをする家庭やシーツや毛布を洗うニーズがあるなら、洗濯容量8kg以上の製品を選ぶほうがいいでしょう。

基本的に、容量目いっぱいまで服を詰め込んでしまうと、洗浄力は落ちてしまいます。余裕を持って洗えるように、少し大きいサイズのほうが良いかもしれません。

なお、洗濯容量と乾燥容量は異なりますので、洗濯から乾燥まで全自動で行う場合は注意してください。全ての洗濯物を乾燥機にかける事は考えず、緊急性の高いものや、干す時に場所を取るもの(シーツ等)を優先して乾燥させられるように考えるとよいでしょう。

 

洗濯機を購入する前に気をつけたいこと:メンテナンスの仕方

洗濯機は汚れ物を洗うところなので、メンテナンスも大切になってきます。

糸くずフィルターの清掃頻度、清掃方法、まだ洗濯槽の清掃方法はどうなのか。どういった洗浄剤が使えるのか。といったところはチェックしておくことがおすすめです。

とくに、乾燥機能を使うとなるとフィルターはかなりの頻度で清掃が必要になります。目がつまりやすく、放置しておくと故障の原因にもなるのでその当たりは入念に検討したほうが良いでしょう。

 

保育園児をもつご家庭におすすめの洗濯乾燥機!

ここからは、私が個人的におすすめする「保育園児がいるご家庭」にフィットした洗濯乾燥機をご紹介します。

おすすめ洗濯乾燥機:パナソニック「NA-VX9900L」

個人的におすすめなのは、パナソニック「NA-VX9900L」です。

お値段も30万近く、とかなり高額になりますので新品ではなく、中古での購入検討もおすすめです。

共働きに見逃せない高ポイントがこちら。

  • スマートフォンと連携し、外出先からリモート操作もできる。
  • 温水洗浄のコースも用意済み、黄ばみを落とせるほか、除菌も可能。
  • 乾燥フィルターと排水フィルターも手入れしやすい。
  • 容量(洗濯・脱水/乾燥):11kg/6kg

乾燥も6kgまでつかえてたっぷりと利用することができます。

黄ばみや除菌ができる、温水洗浄コースも利用可能なところも高ポイント。乾燥機能を積極的に使うのであれば、フィルターが清掃しやすいものであるところも大切になります。

類似の型番として「NA-VX8900L」があり、こちらはスマートフォンと連携でいない代わりに、洗濯剤の自動投入ができるようになっています。どちらも一長一短ですが、ライフスタイルのお好みに合わせてご利用を検討してみて下さい。

 

洗濯乾燥機を安く買うなら、中古もおすすめ!

洗濯乾燥機は便利だけど、それでも30万は高い・・・。

と思われる方は中古の購入検討もおすすめです。

人気機種であっても中古なら半値近くになっているものや、型落ち品であれば更に安くなっています。初期メンテナンスや洗濯槽の清掃料金を加えても、とてもお買い得です。

急ぎでなければ、家族でお出かけがてらリサイクルショップを巡ってみるのも良いかもしれません。

ネットでリサイクルショップを見れば、オンラインで在庫の情報をチェックすることも可能です!

 

いかがでしたでしょうか。

子供が動き回るようになればなるほど洗濯物は増えるもの。

日々の負担を少しでも軽減して、楽しく生活がおくれるようになるといいですね。

それでは!

コメント