【ジーナ式相談室】生後6ヶ月、深夜に2回起きる

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

保育園の合否ラッシュが来ましたね。

ありがたいことに、我が家は第一希望の保育園への内定をもらうことができました。本当は、保育園に預けて働きたい。と思うすべてのご家庭が保育園にお子さんを預けられることが理想なので、早くそういう世の中になればいいな、と思います。

そんなわけで、4月から復職になります。ブログは更新頻度が遅くなると思いますが、続けていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

では、今日はジーナ式相談室です。いってみましょー。

スポンサーリンク

今回のジーナ式に関するご質問

 

わずか3日でセルフねんねを習得するとは・・・天才か・・・!

毎日の育児、お疲れ様です。娘さん、天才じゃないですか?

3日で習得されるとは、ご両親の教え方がとても上手なんですね。すごい。

夜の10時ごろに授乳したあと、深夜に起きちゃうこと。あるあるー、なんですが、2回起きてるとなると親側はゆっくり寝られず、体力を消耗してしまいますね。

今までの経験的な部分から、なにか、我が家ではどうしていたか等を今回はお伝えいたします。

今回のジーナ式相談についてチェックしてみる項目

今回のご質問ですが「セルフねんねはできるけど、深夜に2回起きてしまう」ということでした。

離乳食タイムは格闘タイムといっても過言ではない・・・!育児の疲労が一層濃くなる時期だからこそ、ゆっくり親側が夜寝れるようにしたいものです。

セルフねんねができていながら2回起きてしまうのであれば、なにかしら原因はありそうですね。

そのあたり、詳しく見てみましょう。

今回のジーナ式お悩み状況の整理

今一度、状況を整理してみましょう。今回のお子さんの状況はこんな感じです。

  • 月齢6ヶ月
  • ジーナ式は5ヶ月から開始
  • セルフねんねができる
  • 深夜1~2時+4~5時に起きてしまう
  • その際には授乳で寝かしつけている

ということでした。

 

ジーナ式実施中、夜に起きてしまう原因

上記の状況だけを見てみると、質問者さんのいうように「深夜の覚醒時に授乳している」ことが原因かな、と感じます。

1日に必要なミルク量は6ヶ月だと約1,000ml~1,100mlらしいです。

△参考情報/明治ほほえみクラブより抜粋

おそらく1日に必要な分のミルクはキチンと摂取できているので、体重増加などは問題がなさそうです。だとすると、深夜の授乳を含め、本来昼に摂取しなければならないミルク量が夜間になってしまっているので、夜通し寝る分のミルクが足りていないのではないか、と考えます。

また、離乳食が始まってきている、ということで、食欲が増した状態に対して、必要な母乳量が追いついていない可能性もあります。

母体にしっかり休んでもらいつつ、冷凍母乳or粉ミルクを追加で昼間にたっぷり飲ませる。という手もあります。

離乳食も現時点でしっかり食べてくれているようであれば、あとは成長曲線を要チェックしてみましょう。

成長曲線から大きく外れた体重になっていなければ、栄養状態はまず良好と言っていいらしいです。

△参考情報/パパ小児科医ブログ「離乳食が進まない時には」

 

ジーナ式中深夜に起きてしまう事に対する具体的な対処法

ここまで原因はなにか考察をしてきました。

ここからは、具体的にどうやって対処すれば問題が解決するのか、いくつか案を出してみます。

昼間の哺乳量を増やしてみる

夜間2回起きている、ということなので、空腹である可能性が高いのは前述したとおりです。

可能であれば、2回とも授乳するのではなく、1~2時覚醒時にはだっぷりミルクを飲ませて、それでも4~5時に起きる場合は、少量ミルク+白湯+抱っこトントンで、なんとか7時近くまで粘ることができれば、昼間の哺乳量UPにつながるかと思います。

6ヶ月であれば、深夜でも160~200ml程度を飲ませてしまっても問題ないかと思います。

可能であれば、どのぐらい飲んでいるかを確認するために哺乳瓶を使うことがおすすめです。

これで夜間の頻度が1回になったら、同じく少量のミルク+白湯+抱っこトントン、で夜間の授乳量を無くし、その分昼間にだっぷり飲んでもらう方へシフトすればいけるんじゃないかな、と思います。

また母乳は夕方~夜間にかけてあまり生産されないというタイプの方もいますので、補完的に粉ミルクを使うのも手です。

 

ジーナ式、夜泣き脱出までのスケジュール

夜勤脱出までには、個人的に目安として3~7日程度かかるのかな、と思います。

空腹の調整などがスムーズに行けば、もっと短くても行けるかもしれません。

 

ジーナ式の心得:2回深夜に起きる場合

  1. 深夜1~3時の間に目を覚ました場合、あやしても寝なければミルクをたっぷりめに飲ませる。
    2回目覚醒時はできるだけミルクを飲ませず、白湯+抱っこトントン、ダメであれば少量のミルクで凌ぐ
  2. 早朝7時に起きる、通常通りスケジュールをこなす。昼間は意識して少し多めにミルクを飲ませる

1回深夜に起きる場合

  1. 深夜1~3時までは寝て4~5時に目を冷ましてしまうようになった場合、まずできるだけ白湯+抱っこトントンで寝かしつけてみる。ダメであれば少量のミルク(いつもの半量ぐらい)を飲ませる。
  2. 早朝7時に起きる、通常通りスケジュールをこなす。昼間は意識して少し多めにミルクを飲ませる

 

こんな感じでススメてみると、昼間の授乳量は増えてくるかと思います。

私も母乳メインで育児していたのですが、ある時子供の成長に母乳がおいつかず、「足りない!」と泣くときが来ました。そういう時は粉ミルクを頼るか、母乳を冷凍ストックしておくと心強いです。

決して母体が悪いわけではなく、赤ちゃんが順調に成長していて追いつけないわ!というだけですので、母乳育児の方はご安心して頂ければな、と思います。

母体はめっちゃ頑張ってますから。

もし、これらのことを実施してみても全く効果がなかったり、行き詰まった場合はまたご相談をお寄せください。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

赤ちゃんがぐっすり寝て、しっかりと休息がとれますように。
マシュマロありがとうございました!

皆様からの質問、引き続きお待ちしております。

それでは!

 

コメント