【ジーナ式相談室】生後3ヶ月、早朝覚醒する

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

朝早くお子さんの泣き声で起きると「もう少し眠らせてくれー」と切実に思ってしまいますよね。

本日のジーナ式相談室は夜泣きではなく、早朝覚醒にお悩みの方からのご相談となります。

早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

今回のジーナ式に関するご質問

 

早起きできるご立派なご子息・・・!

毎日育児本当にお疲れ様です。

ジーナ式を実施されて約1ヶ月、順調にスケジュールの軌道に乗ってきているんですね。

お子様とご両親、日々の努力の賜物だと思います。朝起きかけてうにうにしてるんですね。ベッドのなかでウゴウゴしてる赤ちゃんって可愛いですよね。

早朝覚醒、ジーナの本を参考に今回は解決策を考えてみました。なにかヒントにになれば幸いです。

 

今回のジーナ式相談についてチェックしてみる項目

今回のご質問ですが「早朝覚醒後、なかなか寝つかない」ということでした。

それ以外スケジュールなどは、ほぼ予定通り実施できていると想定いたします。
ジーナ式は2ヶ月から開始されているということで、1ヶ月でここまで軌道に乗せられたのはすごいなーと思います。

ここいらを踏まえて、解決に向けて検討してみたいと思います。

今回のジーナ式お悩み状況の確認

今一度、状況を整理してみましょう。今回のお子さんの状況はこんな感じです。

  • 月齢は現在3ヶ月、ジーナ式開始は2ヶ月
  • セルフねんねは大方できている
  • お昼寝はスケジュール通り、上限時間もバッチリ
  • 早朝覚醒タイミングは5時半
  • ミルクをあげても飲まない(空腹ではなさそう)
  • 特にギャン泣きするわけでもない
  • 見守っていると30分程度寝ることはあるが、6時半にまた起きる

ということでした。

使用しているスケジュールは【3~4ヶ月】のものを利用していると推定します。

 

ジーナ式における、早朝覚醒の原因は何か

早朝覚醒の原因はおおよそ下記のどれかに分類されると考えられます。

  • 空腹
  • 遮光が足りない(朝日が入る)
  • 部屋の温度(寒い/暑い/布団をけとばしてしまう)
  • 睡眠過多

そのうち、今回は「遮光は完璧」で「ミルクを与えても飲まない」ということから、空腹と遮光については違うと考えられます。

なので、現時点で考えられる原因は「部屋の温度」や「睡眠過多」といった状況です。

 

ジーナ式早朝覚醒の原因は22時台の授乳? 時間を再チェック

ここで睡眠時間を確認してみましょう。

お昼寝の上限時間はバッチリ守られているということで、この点は問題はないかと思います。

もう一点、気になる部分がジーナの公式本に記述されています。

午前5時~6時の間に目を覚ましてしまうようであれば、この最後の授乳のときに、最低でも1時間起こしておきましょう。

△参考情報/快眠講座p209より抜粋

この部分です。

我が家の鉄男は、飲むだけ飲んだら寝落ちするように寝るタイプの子だったのですが、この時間に少し長めに起こしておくことでその分朝までぐっすり寝られる可能性があります。

いつもどのぐらいの授乳時間をこの時間に割いているのかは解りかねたのですが、母乳でしたら片乳を飲ませたあと、抱っこやベッドの上で寝ない程度にリラックスしてもらい、その後もう片方をあげて寝かしつけると良いのではないかと思います。

 

ジーナ式の早朝覚醒の原因は寝具にあるのか

この時期の月齢から、足をバタバタさせるようになってきておくるみであれば簡単に開けてしまう時期でもあります。

はだけているなどの様子は書かれていなかったのですが、もし、よく布団やおくるみがはだけていたり、布団を蹴り上げるような動作をするこの場合、肌寒さで覚醒している可能性もあります。

今のうちに、スリーパーへの変更もおすすめします。

保温もバッチリ出来て暖かさが持続でき、はだける心配がありません。

個人的には、aden + anais(エイデンアンドアネイ)のスリーピングバッグが足も覆えるタイプなので気に入っています。が、ここらあたりは個人の裁量で全く問題がないので、西松屋の安いやつなどでも全然OKです。

 

ジーナ式実施中の早朝覚醒に対する具体的な対処法

ここからは上記の考察を元に、早朝覚醒に対する具体的な対象法をご提案していきます。

なお、ジーナ式において「早朝覚醒」とはすなわち「夜泣き」であるとジーナの本では定義されています。

ジーナ式実施中の早朝覚醒に対する対処法

私なりに考えた、今回のご相談に対する対処法は下記のとおりです。

  • 22時台の授乳時、1時間程度起こしておく
  • 寝具を今一度見直してみる

改善までの目安時間は

  • 1週間程度

ではないかと考えています。さらに詳細は下記のとおりです。

 

最後の授乳後、少し長めに起こしてみる

前述したように、最後の授乳時間、すなわち22時台の授乳時間時に、赤ちゃんを1時間程度起こしてみて下さい。

やり方としては、下記のようなスケジュールで如何でしょうか。

  • 22時15分ー起床
  • 22時30分ー片乳授乳、そのご暫く起こし続ける
  • 23時00分ー片乳授乳②
  • 23時15分ー就寝

お子さんの寝付きがよく、すんなりと寝入ってくれるようであれば部屋の明かりなどは付けても問題ないかと思います。

眠すぎてグズってしまうようであれば、45分程度で切り上げて授乳し、寝させてしまっても良いかと思います。

ポイントとしては、いつもよりは少し長めにこの時間起こしておく。ということです。

そこから翌朝7時の飲みっぷりなどをチェックしてみて下さい。

早朝覚醒に関する、ジーナの本の記述を再チェック

3~4ヶ月にかけての早朝覚醒はあるあるのようで、ジーナも公式本にていくつか助言をされています。
例えば

完全母乳の赤ちゃんは、午後10時の授乳で十分飲んでいないと、朝の5時~6時前後にお乳をあげる必要があるかもしれません。
(中略)落ち着きがなくイライラしてい、ミルクを飲むのを嫌がるようであれば、起きてしまう理由は空腹ではなく習慣になっているせいだと思います。

△参考情報/快眠講座p210より抜粋

と、あります。

このように、様々な角度から早朝覚醒をしてしまう原因や解決方法のヒントが記載されています。

p209~p210あたりはよく読んでご自身のお子さんに当てはまる部分がないか、確認してみるとよいかもしれません。

これらを実施することで、ある程度お悩みは改善されるのではないかな、と思います。
それでもダメだ~!という時はまた相談いただけますと幸いです。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

赤ちゃんが朝までよくねてくれますように。

お問い合わせありがとうございました。

皆様からの質問、引き続きお待ちしております。

それでは!

コメント