【ジーナ式相談室】生後7ヶ月、夜の就寝が上手くいかなくなった。

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

もう間もなくお正月休みも終わりですね。今年はお餅をケチって安いものをかったら、ドロドロに溶けて雑煮がえらいことになりました。

よく見たら餅じゃなくて米粉を練った系のやつでした。しょんぼり。

本日はジーナ式相談室ですが、さっそくお悩み拝見してみましょー。  

スポンサーリンク

今回のジーナ式に関するご質問

▽サイトに設置してあるメールフォームより

 

最後7ヶ月の子どもをジーナ式で育てています。
生後1ヶ月からジーナ式を始め、軌道に乗って来ていたのですが、ここ最近夜の就寝がうまくいきません。

19時(うちは1時間遅らせているので20時)の授乳の後、1時間ほどで目を覚ましてギャン泣きします。
20分以上泣いているので様子を見に行って声をかけたりしますが、
もうベビーベッドの上に座って泣いていたりします。結局その後23時の授乳まで寝ません。

遮光は完璧で、お腹が空いているわけでもなさそうです。
布団も湯たんぽで事前に温めており、温度の問題でもないかと思います。
朝寝や、23時の授乳後の就寝では問題なく寝てくれます。

以下、スケジュールです。

7時半~8時 起床
8時半 授乳
10時~10時半 朝寝
11時 離乳食
12時 授乳
13時~15時 昼寝
15時半 授乳
18時 離乳食
19時 お風呂、授乳
20時 就寝←うまくいかない
23時 授乳 就寝


23時から7時半くらいまでは寝てくれるので、ジーナ式の恩恵は受けていると思うのですが、
20時から23時までずっと目が離せないので困っています。
何かアドバイス頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

めっちゃ辛いやつ・・・!わかりみがつらい・・・!

その時間に「やれやれ・・・」って一息つきながら夕飯作ったり明日の朝の準備したり洗濯物畳んだりスマホみたり・・・。とのんびりできるひと時ですよね。

そのひと時がないと想像するだけで・・・。ぐったりします。毎日の育児本当にお疲れ様です。

我が家よりも月齢が高いお子様なので、一部当てはまらない部分もあるかとは思いますが、なにかお役に立てるヒントになればと思い、お伝えいたします。

 

今回のジーナ式お悩みでチェックしてみる項目

今回のご質問ですが、「順調にスケジュールにのっていたはずなのに、夜の就寝だけうまくいかなくなったということでした。

直近で少し似たお悩みを回答しましたが、今回は月齢が違う上に「夜だけ」という限定がされていますね。

基本的にはスケジュールが軌道に乗っており、夜以外は順調ということを考慮して考えてみたいと思います。

ジーナ式実施中、夜中に起きてしまう原因を再考察

1時間程度はお休みされている。ということなので基本的には就寝してくれている状況なのだな、と感じます。

では、一度は眠りに入った赤ちゃんが起きてしまう原因を私なりに考えて羅列してみます。

  • お腹が空いた
  • 部屋が暑い/寒い
  • 遮光性の問題(眩しい)
  • 昼間に興奮しすぎた/疲れた
  • 昼間に遊び足りない/元気有り余ってる
  • 知的成長期を迎えて神経過敏状態
  • 体調不良

ざっと思いついたのはこのようなものです。

今回、ご質問いただいた方の赤ちゃんは上3つの条件は当てはまらない、ということでした。

また、最後に上げた体調不良に関しては、23時以降はぐっすり寝れていることを考えるとこちらも該当しなさそうです。

そうなると、可能性の一つとして考えられるのが

  • 昼間に興奮しすぎた/疲れた
  • 昼間に遊び足りない/元気有り余ってる
  • 成長期を迎えて神経過敏状態

このあたりになるのかな、と考えます。

 

夜中に起きてしまう原因は、体力に起因していないか

お子さんが7ヶ月という、ある程度成長した月齢であること。

また、「20分以上ベビーベッドの上に座って泣いている」という体力がそこそこ有ることが想定されることなどから、上記の理由が夜の就寝につながらないのかな、と考えます。

特にご質問いただいたお子様はもうお一人で座れるぐらい発達されているので、同月齢でも体力あるほうではないかと予測しております。(ちなみに鉄男はすわれません。自動で前屈してしまいます)

体力があるからこそ、有り余っており、寝れないということもあります。

逆に、お出かけの頻度や冬の寒さで体力がぐっと減り、疲れ切っていて寝れない。という可能性もあるのではないか、と思いました。

20時の就寝で21時頃に起きたとして、そこあら23時の授乳まで起きっぱなしということは、逆に体力が有り余っているのではないかな?とも感じます。

 

夜中に起きてしまう原因:成長期に起因していないか

もう一つ考えられるのが、赤ちゃんの成長期に起因する原因です。

よくメンタルリープといった単語を最近耳にしますが、それと同じようなもので7ヶ月になると赤ちゃんの視力がぐっと良くなります。

そのため、視覚から得られる情報が過多になり、赤ちゃん自身が処理しきれず疲れてしまう、というものです。

体力使いすぎ、と似ていますが異なるのはお出かけをしなくても成長期疲れ、興奮はある、ということです。

視力が良くなるので、今まで見えていなかった両親の表情や、おもちゃの形、自分の手の形など、様々な情報がぐっと入り込んでくるようになります。

家の中に居ても、学習し続けるということですね。

 

ジーナ式実施中夜中に起きてしまう場合の具体的な対処法

ここまで原因はなにか考察をしてきました。

ここからは、具体的にどうやって対処すれば問題が解決するのか、いくつか案を出してみます。

一度自宅でゆっくりして体力をリセットする

体力が有り余っているにしろ、使い切って疲れているにしろ、一度リセットできるよう1日ご自宅でゆっくり過ごしてみる。というのはどうでしょうか。

鉄男は以前、昼間10時ー18時までおでかけ担ってしまったとき、あまりの長時間の外出だったためか興奮しすぎて夜眠れず、その状態で翌日を迎えましたがサイクルが狂ったのか度々目を覚ます事がありました。

スケジュールはそのままに、1日日中は穏やかに過ごされてみて、夜眠れるかどうかご様子を見るのはいかがでしょうか。

 

遊び足りないなら遊びも取り入れてみる

体力が尽きている場合はゆっくり過ごして体力回復すればいいのですが、体力が有り余っているのであれば発散が必要です。

もし、赤ちゃんがテレビをずっとみるような環境だったり、一人遊びばかりの環境だと、この月齢では遊び足りないこともあるかもしれません。(ちなみに我が家のことです。すいません)

そういう場合、可能であれば親が遊び相手になってあげると良いかと思います。7ヶ月であれば、紐のひっぱりあいっこや、足をバタバタぶらぶらさせる遊びなどが結構好きなのではないかと思います。

なかなか相手ができない!ということであればおもちゃをガンガン活用しましょう。

起き上がりこぼしなどはこの月齢だと、ものすごい興奮するみたいです。

 

知的成長期(メンタルリープ)は、できるだけ静かな環境で過ごす

先日の記事でも記載しましたが、成長期の場合であればどうしても避けようがない時期があるかと思います。夜泣きだったり、こうして起きてしまう現象も「成長に伴う赤ちゃんの成長痛」だと考えています。

そのため、いずれは落ち着くものです。

できるだけ、すぐに落ち着くよう、赤ちゃんも疲れすぎないよう、成長期に入ったな、と感じたら普段より刺激の少ない、おだやかなスケジュールで過ごすといいのではないかと考えます。 

すなわち、刺激の少ない自宅で、様子を見つつ過ごしてみる。ということです。

1週間以上続くようであれば、おそらく成長期とは別要因だと思われますのでその時はまた別の原因を一緒に探っていきましょう。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

マシュマロありがとうございました!

皆様からの質問、引き続きお待ちしております。
それでは!  

コメント