【ジーナ式】19時に就寝で朝までぐっすり!7ヶ月頃の離乳食とスケジュール

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

本日は誰もが悩み始めるであろう7ヶ月目のジーナ式スケジュールと離乳食の組合せについてです。

どうすれば19時に就寝して朝までぐっすりと寝てもらえるのか、その考察と実践について記載いたします。

 

スポンサーリンク

離乳食を3回食べれば19時ー7時就寝ができる?

ジーナの本に則り、離乳食を朝昼晩と3回食べさせるように慣れば、翌朝7時までぐっすりとねてくれるようになるのでしょうか。

 

ジーナ式的離乳食は7ヶ月目初日に3回食にチャレンジ

別記事でお話しましたが、離乳食は非常に個人差が大きく、またアレルギーの関係などから慎重にならざるを得ない方が多いです。

そのため、当サイトでは「3回食を急ぐ必要なし」という結論を出しています。

我が家の鉄男は量こそそれほど食べないものの、離乳食自体は嫌がらずに食べていたため7ヶ月に入った初日に朝昼晩と3回離乳食を食べさせ、19時に就寝して朝7時まで寝るのか実験をしてみました。

その時の離乳食の量は下記のとおりです。

【生後7ヶ月目初日の離乳食】
朝:コーンフレークの粉ミルクがけ(30g)+ヨーグルト(5g)・・・8割食べる
昼:パン粥(30g)+いちご(5g)・・半分
夜:かぼちゃ粥(30g)+にんじんペースト(10g)・・・7割食べる

 

ジーナ四季的離乳食3回食初日での19時就寝の結果

これを食べさせ、あとは母乳を好きなだけ飲ませていざ19時就寝!朝まで寝るかどうか実践をしてみました。

その結果ですが朝4時ごろに覚醒

15分たっても泣き止まなかったため空腹と判断し、母乳を飲ませ再度就寝させました。

 

ジーナ式的離乳食の量が圧倒的に少なかった事が、夜泣きの原因

3回食を食べさせましたが、起きてしまったので、はてなんでだろう。と原因を探求。

やはりというべきか、圧倒的に食事の量が足りていないことが原因だろうと我が家では判断しました。

和光堂のHPに記載されている離乳食1回あたりの目安量は下記のとおりです。

△参考情報/和光堂「離乳食の進め方」

 

それによると主食+野菜+たんぱく質合わせておおよそ80g~150g前後が7~8ヶ月頃の目安となります。(乳製品を含まない場合)

7ヶ月当初の鉄男の離乳食の量が1食あたり25g程度だったため、そりゃ足りんわな。という状況でした。

これ以上の量を食べさせると、素直に食べる時もあれば泣いて途中で嫌がり出し、食べない時もあったため、量に関しては焦らずに時間をかけて増やしていくことにしました。

合わせて、日々の量を増やしながら、「どれぐらいの量を食べれば19時就寝で朝まで寝るのか」を実験してみることに。

 

ジーナ式的離乳食3回食を開始して1ヶ月、8ヶ月現在の状況

7ヶ月での3回食開始頃はまだまだ食べられる量が少なかった鉄男。

19時ー翌朝7時までの就寝を達成させるためには食べる量が必要だ、ということはわかったので後はひたすら根気強くご飯を食べさせながら少しずつ量を増やしていきました。

ジーナ式離乳食3回食、1食80g以上で19時就寝を達成!

さる2月20日、丁度鉄男が8ヶ月になった翌日、いつものように22時台のおっぱいをあげようとしたところ、飲まない。

いつもなら電気をつけて暫く待てば自然と目を覚まして笑顔で迎えてくれるところ、5分経っても寝ている。これはもしや・・・!と思いその日は授乳せずに私も就寝しました。

結果として、なんと鉄男はこの日に始めて19時ー翌朝7時までの就寝を達成。

名実ともにレベルアップした日になりました。

 

19時就寝のポイントは「食べる量と腹持ち」ではないか

この日の鉄男の食事は以下の内容でした。

【当日の鉄男の食事内容】
朝:コーンフレーク粉ミルクがけ(60g)+ヨーグルト(10g)…完食
昼:ごはん(50g)+人参、きゃべつ、たまねぎ(合計25g)+鯛(20g)…完食
夜:ごはん(50g)+さつまいも、ブロッコリー(合計20g)+ヨーグルト(10g)…完食

7ヶ月当初は25g前後/1食当たり しか食べなかったのに対し、その3倍近く、1食あたり80g前後を食べられるようになりました。

もちろん食事内容や日によっては残すことがありますが、その際は少し粉ミクルで補完してあげると、同様に19時から翌朝まで寝ることが出来ているようです。

当時、離乳食を食べなかった時はほぼ同量の粉ミルクを与えて翌朝まで寝るか実験したことがありましたが、この時はやはり寝られず、4~6時のどこかで起きてしまっていました。

そう考えると、19時ー7時の就寝に重要なのは「食べる量」とそれに比例した「腹持ち具合」ではないかと考えられます。

お子様に寄っては身長や体重が異なるため一概には言えませんが、

身長70cm、体重8kgの鉄男はこの量の食事+母乳のみで19時就寝を達成することができました。

 

ジーナ式的3回食を達成しない限り、朝までぐっすりは難しい?

根拠はないのではっきりとはいえませんが、「お腹の腹持ち」と「食べる量」だけで19時の完全就寝が達成できるのであれば、3回食ではなくとも可能になります。

1回、もしくは2回あたりの食事の量を増やせばいいからです。

1食あたり110g~130g前後を食べることができれば、鉄男とほぼ同量の食事量が取れます。それを昼と夜の2回で食べきることができれば、いいわけです。

ただ、多すぎる1食の量は赤ちゃんの胃腸にも負担をかけます。

食べさせる側にも、食べさせる時間や労力の手間がかかるため、あまりお薦めはいたしません。

可能であれば、やはり3食にそれぞれ振り分けて食べさせるほうが望ましいと思います。

赤ちゃんが非常に食欲旺盛でよく食べる子だったりする場合は、保健師さんやお医者さんと相談の上、食事量を調整して実践してみて下さい。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

みなさんが、赤ちゃんと楽しくお食事できますように。

それでは!

 

 

コメント