インフルエンザ&風邪予防対策を赤ちゃんのいる家族で実践!

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

先日、鉄男を皮膚の定期検診で鉄男を小児科に連れて行った時「インフルエンザのワクチンは出荷停止のため、予約を停止しています」という張り紙をみました。もうインフルエンザワクチンのシーズンですね。

ところで、インフルエンザのワクチン接種が可能なのは生後6ヶ月からです。
6ヶ月未満の赤ちゃんは接種が出来ないため、どうしたらいいのか、と途方に暮れておりました。

そのため、小児科と保健師さんに相談し、具体的なアドバイスを頂いたのでそれを本日は共有したいと思います。

スポンサーリンク

風邪&インフルエンザを予防する基本的な考え

一番大事な考え方として「赤ちゃんではなく、同居する家族が風邪やインフルエンザに罹らないようにする」ことが一番大切です。

 

人から感染してくる風邪&インフルエンザ

赤ちゃんが風邪やインフルエンザを引いてしまったら可哀想!辛い!

と思うかもしれませんが、初乳を飲んだ赤ちゃんなら母親から抗体をもらっており、風邪などには罹りにくいい状態となっています。

それよりも、同居する家族が病原菌の感染者(キャリア)となって自宅内に病原菌を持ち込まれる方が、赤ちゃんは感染しやすくなる、ということでした。

よって、まず対処すべきは同居している両親や親、兄弟です

しっかりと自分の身を守った上でこそ、赤ちゃんにも平穏は訪れます・・・!

風邪&インフルエンザの具体的な対策方法

次に、具体的な対策法ですが面倒なものはありません。基本的なことが殆どです。

手洗い、うがい、マスク着用、加湿器利用、適度な睡眠と栄養、ビタミン摂取ができていればOK。

特に、手洗いほど手軽なのに効果が高い対策はありません!

当たりまえにされているかと思いますが、赤ちゃんのいるご家庭ではよくよく徹底されるとよいかと思います!

次に、それぞれの予防法の能力をUPするコツとおすすめ製品などをちょこっとご紹介します。

風邪&インフルエンザ対策「手洗い」

多くのウイルスは “手” を介して感染してきます。そのため手洗いはとても重要なワンステップです。

20秒石鹸をつけて洗う!や家族で同じタオルを使わない!というコツもありますが、我が家では面倒くさいので石鹸手洗い+ハンドジェルで対応しています。

あまり細かいところまでは意識せず、出来る方法を長く続けるのがオススメです。

風邪&インフルエンザ対策「うがい」

うがいのコツは ”必ず手洗いを最初にしてからうがいをする” ことです。

そうすることで、手についた雑菌やウイスルがコップや蛇口を通して体内へ侵入するのを防ぐことができます。

なお、京都大学の川村孝教授によると、うがい薬を使うよりも水だけでのうがいのほうが効果があるようです。

△参考出典/ログミー「うがいは風邪予防になる?」京都大学/川村孝

風邪&インフルエンザ対策「マスク」

マスクが病原菌を防ぐのではなく、マスクと口の間にできる湿度の高い空気がウイルスの動きを防ぎます。

また、他の感染者(キャリア)が咳やくしゃみをした時の飛沫感染も防止するのに一役かいます。あと冬場は温かいのも特徴です。

マスクにも種類がありますが、ガーゼマスクなどよりも使い捨てできるマスクのほうが衛生的でオススメです。

 

風邪&インフルエンザ対策「加湿器」

部屋が暖かく、感染しているとウイルスが増殖しやすい環境となります。適度な室温を保つことで、病原菌の増殖を防ぐことができます。また湿度が有ると喉や鼻が乾燥しにくく、潤いを保つことでバリアー機能が働きます。

加湿器は性質上、加湿器本体にカビやウイルスが繁殖しやすい機器です。定期的なメンテナンスが必要ですが、こまめに出来ない方は「スチーム式」の加湿器がオススメ

ただ、スチーム式は出てくる湯気が高温のため、赤ちゃんがいる場合は火傷に要注意です。我が家では設置する場所などを考慮し、メンテナンスの頻度も低く、高温の湯気が出ない「ハイブリッド式」を採用しています。

睡眠と栄養

ウイルスは身体が弱っている時などに爆発的な増殖をします。師走で忘年会、お出かけ、忙しいお仕事。

と大変かもしれませんが、出来る限り温かい布団でぐっすり寝て、ご飯を食べて栄養補給いたしましょう。

どうしてもお付き合いなどで暴飲暴食気味になることも有るかと思いますが、サプリメントなどでビタミンをしっかり取ると、結構疲れも取れやすいですしオススメです。

赤ちゃんにできる風邪&インフルエンザ対策

ここまで大人ができる対策を紹介してまいりましたが、実は赤ちゃんにもできる対策があります。

それは「手洗い」です。

とはいえ、赤ちゃんはまだ蛇口で手が洗えないので除菌スプレーやジェルを使って対策します。

その場合、赤ちゃんは非常に肌が弱いので「ノンアルコール」のものや「微酸性電解水」などを使うと肌への負担もなく、除菌が可能です。

我が家では、下記の製品を使っています。

詰替え用もあってお得です。スプレータイプなので、外出時に持ち運びもできます。

赤ちゃんは手やおもちゃをなんでも口に運んでしまうので、お出かけしているときや、外から帰った時、シュッと一吹き手にかけて軽く刷り込んであげるだけでOKです。

肌荒れなどはしにくい成分で出来ていますが、使用前に目立たない皮膚でパッチテストをしてからの利用がオススメです。

寒い空気が列島を覆ってきたので、今日から気温はぐっと下がりましたね。

冬には冬の楽しみ方がありますが、今年も冬を満喫できるよう風邪にはかかりたくなりものです。(もう1回風邪ひきましたが)

みなさんもどうぞご自愛ください。

それでは!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 子育てブログへ
日常育児
スポンサーリンク
みやをフォローする
ジーナ式ネントレ実践ブログ|我が子が可愛すぎる件について」

コメント