【ジーナ式】ゆるジーナ式でも成功するポイント3選

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

本日は「全力でジーナ式はできないけど、ジーナ式をなんとか取り入れてみたい・・・」という方向けに、最低限これだけ押さえていればゆるジーナでも恩恵を実感できるんじゃないのかな。というポイントをまとめてみました。

すでに上のお子さんがいて、赤ちゃんにかかりっきりに慣れない。もしくは、なにか日中外に出る用事が頻繁にあり、昼寝の時間を取ってあげられない。ちょっと体力的にキツイ。そこまではやるのは面倒。

といった時などにご参考下さい。

スポンサーリンク

ゆるジーナ式とはなにか

今回ご紹介する「ゆるジーナ」についてですが、一応定義をしておこうと思います。

私が認識しているゆるジーナとは「ジーナ式のスケジュールどおりには過ごさず、適度に要所要所でジーナ式を取り入れること」と認識しております。

例えば、起きる時は朝7時は厳守するけれども、ミルクのあげるタイミングは従わずに欲しがる時にあげる。

お昼寝は2時間きっちり取らせるけど、取る時間は日によってバラバラ。

と、こういった感じです。

 

ゆるジーナ式でもネントレ効果はあるのか?

きっちりとスケジュール通りにこなす事と比べると、成果が出るのは遅いかもしれません。
が、私は「ゆるジーナでも、なにもしないより効果がある」と思っています。

効果が期待できるのは「ひとり寝(セルフねんね)」と「夜泣きの減少」です。

とくに、「ひとり寝(セルフねんね)」に関しては寝室の環境などを整え、ちょっと日常の寝かしつけを気をつけるだけで会得することができると考えます。

そのためのポイントが3点ありますので、下記ご紹介します。

 

ゆるジーナ式を成功させるポイント3つ

ゆるジーナについて学んだところで、実際にゆるジーナを実践した場合、成功させるポイントを具体的に紹介していきます。

下記のポイントを守ることで、ゆるジーナであっても比較的高いネントレ成功率を得られることが出来ると考えられます。

1:寝室の環境はジーナ式通りしっかりとつくる

ジーナ式の成果を最大限に引き出すためにもっとも必要なのがこれです。

おそらく、私もそうですが「ジーナ式」の本を読んでない方の殆どは母子同室、もしくは親子同室で部屋組を考えていたのではないでしょうか。

ゆるジーナであっても、下記のポイントを遵守し寝室の環境をしっかりと作り込めば、非常にジーナ式の恩恵を受けやすくなるかと思います。

  • 遮光カーテン完備(なにがなんでも必須)
  • 赤ちゃん用の寝室の作成
  • 快適な温度/湿度

ご自宅によっては、間取りの関係などでどうしても親子/母子同室になる方もいるかと思います。

その場合は、下記の記事を参考に、できるだけ赤ちゃんとは離れて寝るように心がけてみて下さい。

遮光カーテンはなにがなんでも絶対に必須です。これがないと朝寝昼寝就寝、すべてのねんねに影響が出てきてしまいます。ぜひご用意頂ければと思います。

2:セルフねんねの練習をする

次に大切なのが、セルフねんねの練習です。

ご存知の通り、赤ちゃんは大人と違ってレム、ノンレム睡眠のサイクルが短く、長時間寝ている間にも時々目を覚ますことがあります。

この時、自力で再入眠できれば問題ないのですが、再入眠できない場合「夜泣き」となり、大人が入眠のサポートを(いわゆる寝かしつけ)をしてあげなければなりません。

これを防ぎ、朝までぐっすり寝てもらうための手段が「セルフねんね」です。

ジーナ式のスケジュールは守らなくても、「セルフねんね」のための手順はぜひ遵守してみて下さい。

すなわち、寝かしつけの際、添い乳や添い寝などはしない。ウトウトしだしたら、最後は自力で入眠できるように赤ちゃんをベッドに置く。といったことです。

より詳しいセルフねんねの習得方法は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

 

3:ゆるジーナ式であっても朝7時起床は徹底

赤ちゃんの夜泣きを減らす方法の一つが、赤ちゃんに朝方になってもらうことです。

すなわち、昼寝なども含めて親と同じように、朝起きて夜寝る。という生活リズムを取得してもらうことが夜泣きの減少に繋がります。

そこで、朝7時になったら赤ちゃんを起こす。ということを徹底してみて下さい

朝に起きることで、朝~夕方までが活動時間になりやすく、そうなると夜は疲れて勝手に眠る。という図式が成り立ちます。

昼間の授乳量が足りなければ夜泣きをするかもしれませんが、昼間にしっかり活動するようになると必然的に昼間に空腹になるので、授乳量が増えていき、深夜にはミルクを欲しがることは少なくなるのではないでしょうか。

7時だとつらい・・・という方は8時などでもOKです。とりあえず、「朝になったら起こす」というのを繰り返すことが効果的です。

 

日々の育児、皆さんお疲れ様です。

赤ちゃんと過ごす毎日は楽しくても、体力的、精神的に辛い時はゆっくり休んでくださいね。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

みなさんが気持ちよく寝られますように。

それでは!

 

 

コメント