【最安値】専用ゴミ箱不要!臭わないオムツの捨て方

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

オムツはどのように処分されていますか?紙おむつは丸めてテープで留めて、ダイレクトにゴミ箱にポイ?

鉄男は6月の夏生まれのなのですが、夏に最も困るだろうな・・・と産前から懸念していたのが乳児湿疹ともう一つ。それがオムツでした。

夏場は当然腐敗も早く、ニオイ対策はどうにかしないと・・・。と思ってネットであれこれ探しました。

今回はネットで得たオムツを処分する際に匂いがもれない方法と、その中でも私が最安値だと自称する実践方法を一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

おむつを臭わずに捨てる方法

オムツを実際に捨て始めると、皆様ふっと思いませんでしたが。

「これ、どうやったら臭わなくできるんだろう・・・。」

オムツの捨て方で検索すると、まずヒットするのが「オムツ専用の消臭ゴミ箱」ですね。

我が家でも最初はこれを買おうかな、と思っていたのですがよく見ればリフィルが必要で、しかも、都度購入しなければいけない別売り。

リフィルが不要なタイプもありましたが、そのタイプのゴミ箱はお値段7,000円以上と非常に高価。

しかも、結局ゴミ箱を開閉するたびに一度は「モワッ・・・」っとするという汚物臭。

我が家は狭いのでゴミ箱をおけるスペースも限られているのですが、いまいちサイズがネットなので分からない・・・。どうしたもんか、と頭を抱えていました。

そんなところでふと気が付きました。

「要は、匂いがもれないように、ふたすればいいんだよね?」

おむつの匂いがもれないグッズ

ゴミ箱を買わずに済む方法はないか、別の方法を模索してみることにしました。

その結果、「個別に袋に入れて廃棄する」と言う方法が現実的で場所も取らないため、良いのではないか、と考えました。

おむつの匂い漏れ防止:BOSおむつが臭わない袋

そしてあらためて検索してみつけたのが、こちらです。

Twitterでもおなじみ、BOSの臭わない袋です。

こちらはSサイズなのですが、Amazon価格で200枚1,890円。1枚=9.45円

ゴミ箱よりこっちのがいいかも。と思いましたが、いやまて。毎日オムツは出るもんだ。これだとあっという間にゴミ箱のほうが安くなる。もっと安い方法はないのか・・・。とさらに検索。

 

おむつの匂い漏れ防止:ダイソー 抗菌袋

そうすると、次に見つけたのがこちら。

ダイソーの抗菌袋です。

これならSサイズ50枚で108円。1枚=2.16円。 BOSの4分の1のお値段で買えます。

これにしよう!と思いましたが、こちらの品はどこのダイソーにでも有るわけでもなく、また品切れになることも有ると聞き、常用には不向き・・・。

そこで私は更にひらめきました。

「ビニール袋なら、なんでもいんじゃね・・・?」と。

臭わないおむつの捨て方最安値方法はこれだ!

そんなわけで、我が家で採用した最安方法はこちらです。

そうです。キッチンの食品用ビニール袋です。

臭わないおむつの捨て方最安値は、キッチンビニールに入れること

適度な厚みがしっかりあり、簡単に破けてしまうことはありません。お値段もさらに230枚入って221円。1枚=0.96円。1円もしません。

これはAmazonでの商品価格になりますが、べつに同製品でなくても大容量で入っているキッチン用ビニール袋であれば何でも問題ありません。場所も、スーパーだろうがドラッグストアだろうか、どこで買ってもOKです。我が家も色んな所で買っております。

使い方は、簡単です。かならずオムツとワンセットで近くに設置し、オムツを取り替えるときにビニール袋を取り出して広げ、使い終わったオムツ+おしりふきをまとめて中に入れ、口を縛るだけ。

これだけで夏場、暑い季節でも全く臭わず、快適に過ごすことが出来ました。

別途、おでかけする際は、我が家ではダイソーのペット用ゴミ袋をカバンに取り付けて使っております。見た目が可愛いし、これは比較的どこのダイソーでも売っているからです。

詰替え用リフィルも、5本100円で売ってます。1リフィル20枚入なので、20×5=100 1枚=1.08円ですね。

オムツ以外にも、ちょっとしたゴミが出たりした時、回収するのに便利ですのでおすすめです。キッチンビニール袋を持っていってもいいのですが、ぐちゃっとなってしまって見た目が悪いので、こちらのオススメします。

ここに書いてある方法で臭わない!と確信できるのは、食事がミルクオンリーの段階までです。

鉄男はまだ離乳食が始まっていないので、離乳食が始まってからの匂い漏れに関しては保証いたしかねます。
(追記:2019.2.12 3回食で離乳食をはじめましたが、現時点でも匂いはブロックできています!)

我が家のように家が手狭で、ゴミ箱をあまり買い足したくない!という方にはこちらの方法がおすすめです

最後に、オムツの処分方法は地方自治体によって異なります。中には、このようにビニール袋に入れてゴミを出すのはNG、という自治体もあるかもしれませんのでお住まいの地区のゴミ区分をご確認ください。

毎日出るゴミだからこそ手軽に快適にお求めやすい価格で。

また離乳食が始まった跡も、オムツごみの捨て方を再確認し、レビューいたします。

それでは!

コメント