年末年始のお出かけに向けた赤ちゃんの準備

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

明日が仕事納めという方も多いのではないでしょか。今年も一年、皆さん本当にお疲れ様でした。

さて、先日は年末年始の準備を、と書きましたが今回はお出かけする場合のパターンで書いてみたいと思います。年末年始ということで実家、義実家に帰省される方も多いのではないでしょうか。

以前実家に帰った経験を元にどういったことをしておけばよかったか、私なりにまとめてみます。

スポンサーリンク

赤ちゃんとお出かけする場合の準備品

年末年始、旅行や帰省をされる場合は普段のお出かけとはまた違った準備が求められます。

とくに、東海以東にお住まいの方、もしくはそちらの方面にご旅行などをご計画されている方は降雪の影響をもろに受ける可能性があるため入念な準備をしておくことをオススメいたします。

赤ちゃんと出かける場合、大人の荷物は事前に送る

後述する赤ちゃん用品はかなりの量がでてくるため、不要な大人の荷物(着替えや洗面用品など)は先に宿泊先や旅行先に宅急便などで送付しておくと身軽に動くことができ、オススメです。

私も、北海道の実家に帰る時は着替えなどは予め宅急便で実家に送り、手持ちは赤ちゃん用の荷物+財布やスマホだけの身軽スタイルで動きました。

 

赤ちゃん用品はいつもより多めに持参する

  • ミルク
  • ミルクを溶かすためのお湯
  • オムツ
  • おしりふき
  • オムツ入れゴミ袋
  • お着替え

お車、電車で移動される場合、その他飛行機などでもそうですが混雑により想定よりも長時間拘束される可能性が高いです。

そうすると赤ちゃんのミルク回数や、それに伴ってオムツの回数などは増えることが想定されます。

特に高速道路で移動される場合は要注意です。電車などであっても、トイレが大混雑ですぐに入れない。ということもありますからお着替えなどは予備が有ると安心です。

 

旅行先の小児緊急外来の連絡先を調べておく

年末年始、ご親戚などと合う場合であれば普段赤ちゃんと接しない人と触れ合うことも多いでしょう。思わぬ事故や誤飲する可能性が普段と比べると高くなります。

また初詣などで人混みに行くことも考えられます。

突発的な風邪や高熱、インフルエンザなどにすぐ対応できるよう旅行先、宿泊先のホテルなどから伺える小児緊急外来の連絡先は必ず控えておきましょう

 

寝具は普段遣いのものがあると安心

旅行先では普段使い慣れたベッドやお布団で寝れないのが常。急な環境の変化で寝ぐずりをする赤ちゃんも珍しくはありません。

可能であれば、寝具は普段使っているものが持ち運べるとベターです。とはいえ、布団をまるごと持っていくわけには行きませんよね。

そこで、たとえば普段使っているスリーパーやおくるみ、もしくは薄手の毛布だけでも持っていくと、赤ちゃんは安心できることと思います。

荷物に余裕があれば、それらも合わせてもっていくとなお良いのではないでしょうか。

 

 

今年一年、みなさん本当にお疲れ様でした。

私もはじめての出産、育児に奔走した1年だったな、と思います。

今日は早めに帰ってきた夫と一緒に、スマホに撮りためた息子の写真や動画を最初からずっと眺めていました。

改めて見返してみると、黄疸がやっぱり強かったんだな、とかこの頃は手足がひょろひょろだったんだな。と感慨深い気持ちでいっぱいです。

明日が仕事納めで、30日からご移動される方も多いでしょう。みなさんが楽しい年末年始を過ごされることを願っています。

それでは!

コメント