【ジーナ式相談室】生後6ヶ月、1度起きるとなかなか寝つかない

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

先日、入園予定の保育園との面談を済ませてきました。

のほほ~んと、のんびりした保育園で先生もお子さんも和やかにしていたのが印象的です。もちろん、あっちこっちで泣き声と笑い声とママ~!と叫び声が聞こえる、怒号の保育園でしたが。

さて、本日もジーナ式相談室、いってみましょー。

スポンサーリンク

今回のジーナ式に関するご質問

▽メールフォームより

はじめまして。6カ月の男の子のママです。5カ月の終わり(2週間前)からジーナ式を始めました。

他のネントレも少ししていたので、セルフねんねはほぼできます。上手く寝れないときだけ添い寝で寝かしつけをしています。
お昼寝はスケジュール通りに行くのですが(朝45分、昼2時間、夕20分前後)、最後の授乳後、いろいろな時間に2回ほど起きるのと、一度起きると授乳でもなかなか寝ず、添い寝していると暗闇の中、ご機嫌でバタバタしながら1~2時間かけて寝ます。このまま続けて、朝まで寝るようになるのでしょうか?

抱っこしてでも、早く寝かせた方が良いのでしょうか?トントンはあんまり好きではないようです。

 

添い寝してるときにバタバタするとか可愛さの極み・・・!

毎日育児本当にお疲れ様です。

私は添い寝をしたことがないため、バタバタするところを見たことないんですが、めっちゃ笑顔なんでしょうね・・・。大好きなお母さんがいて、お布団の上で、めっちゃきゃっきゃ喜んでるんだろうな、というイメージが浮かびました。

ジーナ式的には早く寝てほしいでしょうが、なんとも愛らしい・・・!

とはいえ、1~2時間寝ないとなると、気がかりですね。なんとか出来るように、私なりに解決方法を模索してみました。参考になれば幸いです。

 

今回のジーナ式相談についてチェックしてみる項目

今回のご質問ですが「最後の授乳後、1度起きるとなかなか寝つかない」ということでした。

それ以外スケジュールなどは、ほぼ予定通り実施できていると想定いたします。
その他、別のネントレを実施されていたということで、ひとり寝などは出来ている。ということでした。

ここいらを踏まえて、解決に向けて検討してみたいと思います。

 

今回のジーナ式お悩み状況の確認

今一度、状況を整理してみましょう。今回のお子さんの状況はこんな感じです。

  • 月齢は現在6ヶ月、ジーナ式開始は5ヶ月(相談時2週間前)
  • セルフねんねはできる
  • お昼寝はスケジュール通り
  • 最後の授乳(多分22時台)後、1~2回ほど起きる
  • 起きたあとはなかなか寝つかず、1~2時間ほど起きている(ご機嫌でグズリはない)
  • 寝付きが悪い時は添い寝もする

ということでした。

使用しているスケジュールがどの月齢のものか記載されていなかったのですが、ここでは月齢通り【4~6ヶ月】用のスケジュールを利用していて、離乳食は1回のものと仮定します。

 

ジーナ式実施中、途中で起きたら早く寝かせたほうが良いのか

「抱っこしてでも早く寝かしつけたほうがよいのか」というご質問がありますが、こちらは結論「寝かしつけたほうが良い」と思います。

ご機嫌でグズリも少なく、元気にバタバタしている。ということなので比較的体力があるか、眠たくないのかな、と思いました。

ご機嫌だということなので、空腹が原因ではなさそうだな、とまず判断致しました。そうなると気になってくるのが、「夕寝」の存在です。

睡眠時間が1~2時間、トータルとして予定より少ない状況でジーナ式をすすめられているということで、本来はこの時期のスケジュールにはない「夕寝」が発生しているのではないか、と思います。

まだ始められて2週間しか経っていない、ということでお子さんもご両親自身も、生活リズムとしてスケジュールを会得中だと思います。

できれば寝かしつけてしまい、「この時間は寝る時間」ということを赤ちゃんに覚えて貰った方が良いかと思います。

 

ジーナ式を実施する際、できれば添い寝はやめてみる

気になった点としては、「添い寝」の存在です。

ジーナ式の言い方では「悪い寝かしつけの癖」といいますが、これと似たようなことになっている気配を感じます。

最後の授乳後、何時間かは寝て、そこから起きている。ということですので、ある程度眠気が取れて頭が冴えている状態になっている赤ちゃんの隣に、大好きなご両親が添い寝してそばに居てくれていることで、赤ちゃんとしては「遊んでもらっている」に近い状態なのではないかな、と感じました。

つまり、赤ちゃんのテンションアゲアゲ状態になっているのではないかな、と推測しています。

セルフねんねもできるお子さん、ということですので、全面的に添い寝はしない方向で、軽い抱っこトントンや、ベッドに寝かせてお腹をポンポン、と軽く叩く程度に収めてすぐに別室に移動してしまっても良いかと思います。

現状、「セルフねんねはほぼできる」という状態ですので、添い寝をなくし、「セルフねんねは完璧」という状態までグレードアップを目指していきましょう。そうすれば、無敵です。

蛇足ではありますが、セルフねんね取得に関しては下記の記事もご参照下さい。

 

ジーナ式スケジュールにのっとり、夕寝をやめてみる

もし、現在お使いのジーナのスケジュールが【4~6ヶ月】用のもの、もしくはそれ以降のスケジュールであれば、夕寝を省いてしまっても良いかと思います。

我が家の鉄男も、同月齢時、夕寝をとることがしばしばありましたが、それは「就寝に影響のない範囲」で取得しておりました。今回は明確に就寝後の睡眠に影響が出ているかな、と思いましたので、この「夕寝」をカットしてしまってもよいのではないでしょうか。

お子さんが起きてしまってからも「ご機嫌」で「1~2時間」バタバタしている、ということなので「夕寝」を取っていることで眠気が薄れている可能性があるのです。

ここで「夕寝」分の睡眠をカットすることで、その後の就寝時の安定した長時間への睡眠にもつながるかと思いますので、お試し下さい。

 

ジーナ式を実施する上で気をつけたい、ミルクと離乳食の量

もう一つ、気になった点としては、「食事の総合量」です。

「1度起きると授乳でもなかなか寝ず・・・」と書いてありましたので、起きてしまったあとは授乳をしているのだな、と推察します。

ジーナ式の考えとして「1日に必要な量のミルク(+離乳食)を朝7時~夜19時(離乳食3回までは22時)に取得することで、夜起きることなくぐっすり寝る」というものがあります。

最後の授乳後に起きてしまい、ミルクを飲んでいるということであれば「日中のミルク量が足りていないのではないか」ということも考えられます。

明治のHPによると、6ヶ月ごろの赤ちゃんが必要なミルク量は約1,000mlです。

△参考情報/明治「ほほえみクラブ」より

6ヶ月頃は離乳食をスタートする時期なので、いつもより食欲が旺盛になるお子さんもいて、いつもどおりだとミルク量が足りない子もいます。

母乳メインの場合ですと、このころから母乳が減ったり、そもそも赤ちゃんの食欲に対して生産量が足りていない。ということも考えられます。22時台の授乳量をすこし多めにするなど、日中の授乳量が足りているかどうかも合わせてチェックしてみて下さい。

 

ジーナ式的、最後の授乳後に長時間寝てもらうための対処法

ここまで原因はなにか考察をしてきました。

ここからは、具体的にどうやって対処すれば問題が解決するのか、いくつか案を出してみます。

ジーナ式において、最後の授乳後にぐっすり寝てもらう対処法

私なりに考えた、今回のご相談に対する対処法は下記のとおりです。

  • 夕寝をカットする(4~6ヶ月のスケジュールを利用)
  • 添い寝をやめる
  • ミルク量の見直し

改善までの目安時間は

  • 2週間~1ヶ月程度

ではないかと考えています。さらに詳細は下記のとおりです。

 

ジーナ式スケジュールの実施月齢を見直してみる

現在生後6ヶ月でいらっしゃるとのことなので【4~6ヶ月】のスケジュールを利用していることを前提にお話してきました。

食事量のこともありますが、もし離乳食を5ヶ月からはじめ、順調にいってる場合は胃袋や胃腸もある程度慣れて量を食べられるようになってきているので【6~9ヶ月】のスケジュールを参考に、離乳食の回数や量をステップアップしても良いかもしれません。

離乳食を6ヶ月から始められた場合は、【4~6ヶ月】のスケジュールを利用したまま、下記の点をチェックしてみて下さい。

  • 夕寝のカット
  • ミルク量の総合計

母乳主体の場合はわかりにくいですが、その場合は昼11時台や最後の授乳時に多めに飲ませてみて下さい。

母乳(orいつものミルク量)+追加でミルクを飲ませてみて、よく飲むようであれば足りていない可能性があります。

 

ジーナ式成功の秘訣、パーフェクトセルフねんねへの挑戦

現在もセルフねんねがある程度できる、ということなので「添い寝は全面的にやめる」というのも合わせて実践してみて下さい。

10~15分程度は泣いていても様子見をし、再入眠を赤ちゃんが出来るよう、心苦しいでしょうが見守ってあげて下さい。

15分以上泣いている場合は、赤ちゃんのフォローをしてあげて下さい。空腹、体調が悪い、その他の原因が考えられれます。ちなみに、最大の原因は「まだお腹が空いている」ということでミルクおかわりのパターンが私の経験上では最多を占めています。ジーナの本においても、同様のようです。
これらを実施することで、ある程度お悩みは改善されるのではないかな、と思います。
それでもダメだ~!という時はまた相談いただけますと幸いです。

 

ジーナ式に関する検索目次

 

当サイトではジーナ式に関する相談を受け付けております。

ネントレがうまくいかない、誰かに相談したい・・・。でも身近に相談できる人がいない。そんなときは是非ご相談をお寄せください。

当サイトの問合せページ、もしくはTwitterのマシュマロからメッセージを送信できます。

お子さんの月齢や、ジーナ式を開始した月齢、具体的なお悩みなども合わせてお教えいただくとより具体的なお答えができます。

お返事はブログでさせていただいております!

皆様からの質問、お待ちしております。

赤ちゃんが夜ぐっすり寝て、お昼にご機嫌でバタバタしてくれますように。

お問い合わせありがとうございました。皆様からの質問、引き続きお待ちしております。

それでは!

コメント