読み終わった本を寄付しよう!「ありがとうBOOK」サービスの紹介

こんにちは、みや(@miya_diets)です。

今年もあと僅かですね。年末といえば、そう大掃除です。

我が家では鉄男が生まれてからというものの、家が手狭になり、ものを大量に処分しております。東京って本当家は狭いのに家賃は高い。

大抵はメルカリや引取希望を募ってお渡ししているのですが、今日は人様の役に立てるサービスを発見しました。

赤ちゃん用の本や、もう使わない妊婦向けの本など、これから「処分してもいいかな」と思えるようになった時、ついででちょっとだけ人助けができるサービスなので是非お見知り置きください。

スポンサーリンク

本の売上を寄付できる「ありがとうBOOK」サービス

「ありがとうBOOK」というサービスをご存知でしょうか。

2016年に設立された会社で「不用になった本・DVD・CD・ゲームなどを送ることで、NPO・NGO等を支援できる仕組み」を提供している会社です。

支援先の団体の多くは、国内外の若者をサポートする事業を行っています。

私はつい先日このサービスをTwitterで知り、ちょうど年末に向けて本などを処分するつもりでしたのでこれ幸い、と資料請求致しました。

 

「ありがとうBOOK」では幅広いものが寄付できる

「ありがとうBOOK」というお名前ですが、実は本以外にも「本・雑誌 CD・DVD・ゲーム」と幅広いものが寄付可能です。

あまりにも痛みが激しいものや、たばこ臭のするもの、漫画などは買い取り出来ない、というものがあります。

寄付買い取り希望の場合は、まずHPの案内に従って資料請求し、買取可能な製品を着払いでお送りするだけです。

とってもシンプルで簡単な上に、発送は着払いでいい所がなんとも味噌。

 

ありがとうBOOKに我が家で寄付をしたもの

本だけではなく雑誌もOKとのことなので、我が家でも送れるものはないかと家探ししたところ、でるわでるわ。

下記、送ったものの一例になります。

・マタニティの本
・ヨガの本
・イラスト用テキスト本
・メジャーアーティストのCD
・ゲーム(DS)
・マタニティ雑誌
・料理本

これら合計合わせて30冊以上を今回は寄付させて頂きました。

マタニティ雑誌などは不安だったので、一度運営されている会社に相談し、問題のないものだけをお送り致しました。

漫画もお送りしたかったのですが、漫画は2018年12月10日より、買取不可となっているのでそこだけがちょっと残念。

漫画は一般の古本屋で処分しようかと考えています。

 

本や雑誌の処分前に、寄付できないかご確認を

自分で換金して、お金を寄付する必要がなく。ものを送ればそれが自動で換金されて寄付できる。というのは非常に画期的なアイディアだと思います。

実際に、家の中を見渡してみると結構1~2年平気で読んでない本や、もう読まないな、つかわないな。というものが多くありました。

現金の寄付はなんだか気がひけるけど、不用品を寄付品として処分できるのであれば、願ったり叶ったりだな、と感じます。

 

もし、今年の年末に本やゲームの処分を考えている方がいらっしゃいましたら、是非ご参考ください。

それでは!

コメント